コラム

秋めいてきた今だから始めたい。日焼けのダメージをしっかりケアするお手入れ方法

夏の間、浴び続けた紫外線によって受けたダメージ。そのダメージがお肌のくすみやたるみなどの老化現象の主な原因だって、知ってましたか?実は顔が老化していく原因の8割は、光老化と呼ばれる紫外線によるダメージや活性酸素なのです。紫外線を浴びて受けた肌への影響は、年齢が上がるにつれてじわじわと表に出てきます。

シミが浮かび上がってきたりくすんできたり、シワやたるみも光老化が主な原因だなんて怖いですよね。この夏浴びた紫外線が光老化として定着してしまう前に、しっかりとケアしておきたいところです。お肌のために一番いいのはそもそも紫外線に当たらないように予防をすることです。

曇りでも日焼け止めを塗ったり服や帽子で工夫するなどといった、「最初から日焼けしない」ことが光老化の影響を最小限にするためには重要です。
でも、うっかり日焼けしてしまうことや、知らなかった!ということもありますよね。
そんなときのケアの方法をご紹介します。

知れば知るほど怖い!日焼けによるお肌へのダメージ

日焼けによるダメージといえば、強い日差しによって、肌が赤くなる・ヒリヒリする・火傷のように水ぶくれになる・黒くなるといったことをイメージします。実はそれよりも恐ろしいことが、日焼けによって起こるのです。

それは「光老化」と呼ばれるもの。

「光老化」とは、紫外線ダメージや活性酸素によって肌の老化がすすむ現象で、実はお肌の老化現象のうち8割はこの光老化が原因だと言われています。つまり紫外線対策をすることは、肌の老化現象を予防するためには必要不可欠です。紫外線の中には波長の違うものがUV‐A、UV‐B、UV‐Cと3つあり、このうちUV‐Cは地上にまで届かないので、お肌にダメージを与えるのはUV‐AとUV‐Bの2つです。それぞれのUV波によって肌への影響の仕方もケア方法も変わってきます。

〈UV‐B〉レジャーなどでの強烈な日焼けによるダメージ

レジャーなどで日焼けをしたときに起こる、赤く腫れたりヒリヒリする、こうした症状は、紫外線の中でもUV‐Bと呼ばれるものによって引き起こされます。UV‐Bの攻撃から守るため、肌は角質を厚く硬くしますが、それによりキメの粗いゴワゴワした肌になります。

メラニン色素が沈着することで、お肌は浅黒くなりシミやソバカスができてしまいます。また強い日差しを浴びることで肌が損傷を受け、バリア機能が低下してしまうため乾燥します。お肌に強いダメージを与えるUV‐Bですが、肌表面で吸収されるため、真皮には影響を与えません。UV‐Bの肌ダメージは数時間から数日で表に出てくるため、日焼けした!と思ったらすぐに対策することができます。

 

〈UV‐A〉毎日浴びている生活紫外線によるダメージ

UV‐Aは、浴びても肌が熱く感じることもすぐに赤くなったりすることもありません。ステルスで確実にダメージを与える紫外線なのです。生活紫外線と呼ばれるUV‐Aは、地上に降り注ぐ紫外線のうち、9割を占めます。

冬だろうが曇りだろうが関係なく降り注ぎ、窓ガラスですらすり抜けてしまいます。UV‐Aが与えるダメージは、肌の奥の真皮に届き、真皮の中にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などといった弾力やハリを保つために欠かせない細胞を壊し減少させます。

コラーゲンやエラスチンなどが減少した肌がどうなるでしょうか。シワができる、くすみやたるみができるなど老化がすすんでしまうのです。生活紫外線は毎日浴びるわりに油断しやすく、気づかないうちにコラーゲンなどが減少してしまうため、いつの間にか老化が進行しています。洗濯物を干す間の10分、少し庭に出た数分、近所への買い物・・・

夏の終わりにハッと気づけば、レジャーに出かけたわけでもないのに肌が浅黒くなっている、ということが起こります。これこそがUV‐Aの怖さで、曇りの日や日差しが和らいできた秋からも静かに降り注ぎ、派手な主張はしないけれど、確実に肌にダメージを与え老化させていくという特徴があります。

今からでも間に合う?日焼けダメージケア

日焼けをしてもその後のケアによって、ダメージは最小限にできるのでとても重要です。主にUV‐Bのレジャー紫外線によるダメージケアは、とにかく日焼けしてすぐが勝負!
メラニン色素の沈着や乾燥がすすむ前にすぐにケアをすることが重要です。

ただし、残念ながら日焼けした直後にしっかりケアをしていれば、ダメージが消えてなくなるというわけではありません。肌表面の熱をとりたっぷり保湿をした上で、ターンオーバーの周期である28日くらいはかかると思っておきましょう。

では、UV‐Aのじわじわと蓄積されたダメージのケアは、夏が終わる今から始めても間に合うのでしょうか?答えはイエス。お肌は日々生まれ変わっていますから、今からでも十分間に合います。ただし壊れてしまったコラーゲンなどがもう一度生成するには時間もかかりますし、エラスチンはそもそも再生成しないと言われているので、予防をすることが一番です。次に日焼けダメージを上手に手当するケア方法をご紹介します。

日焼けによるダメージケア。どんな方法がある?

日焼けのダメージをケアする場合、レジャー日焼けと日常の日焼けではUV波が違うため、効果的なアフターケアも変わってきます。
 

〈UV‐B〉肌が炎症を起こすようなジリジリとした日焼け後のケア

真夏のレジャーなどで強い日差しを浴びた後のお肌は、とにかくまず冷やすのが鉄則。ヤケドをしているのと同じ状態なので、とにかく冷やしてまずは炎症をケア。冷蔵庫で冷やしたタオルなどを当てて、数回繰り返して火照りをとります。ただし水膨れができるほどの日焼けや赤みがひかない時などはすぐに皮膚科を受診してください。

肌表面は紫外線ダメージで水分が奪われ、乾燥している状態なので、保湿をたっぷりと。化粧水で保湿していきますが、この時に美白化粧品を使うのはちょっと待って。
美白化粧水は厚生労働省が認めた美白に特化したビタミンなどの成分が配合されており、肌のバリア機能がダメージを受けている状態で使うと、シミて痛みを感じたり、刺激が強すぎてかえってダメージになりかねません。

しっかり肌の熱と乾燥をケアしてから、数日経って落ち着いたら美白ケアに取り組みます。ビタミンC、ビタミンAでターンオーバーを促し、厚くなった角質をコンパクトにしていきます。ターンオーバーは、肌の奥で新たに生まれた細胞が、表面の角質が剥がれ落ちていくたびに肌表面に押し上げられていくサイクルのことです。

水分をしっかり摂るのも大切です。肌が水分を蓄えるのに表面にだけ一所懸命塗っても追いつきません。
体の中から水分補給をしてお肌に水分をいきわたらせてあげましょう。

1.冷蔵庫で冷やしたタオルなどで熱をとる。
 10分くらい患部に当てて、タオルを変えて数回繰り返す
2.たっぷりと保湿。
 できるだけシンプルな化粧水を繰り返し肌につける。
 コットンパックなどをするのも効果的。
3.水分をこまめにとる。
 肌の乾燥を体の中からケア。
4.熱がひき、肌表面が落ち着いたら美白化粧品でターンオーバーを促し、本来の肌に近づける。

〈UV‐A〉夏の間中浴び続けた紫外線によるダメージをケア

波長が長いため真皮にまで届き、真皮を構成するコラーゲンやエラスチンを壊してしまうUV‐A。そのUV‐Aによって、ちょっとずつダメージが蓄積された状態の肌のケアにはこんな方法が最適。まず、時間をかけて蓄積された肌ダメージは長期戦を覚悟しましょう。

肌の中に蓄えられてコラーゲンの生成などを促すビタミンAの元であるベータカロテンを多く含む緑黄色野菜を積極的にとることで、コラーゲンの生成を促しターンオーバーを活発にします。コラーゲンの生成もそうですが、シミやくすみもターンオーバーによる肌の生まれ変わりに期待しましょう。

ターンオーバーは28日周期と言われているので、最低でも一ヵ月くらいはかかります。体の中からだけでなく、直接肌に塗ることでターンオーバーを促したりメラニンの生成を抑えるために美白化粧品を使うのもおすすめです。体の中と外、両方からのアプローチが大切です。

1.長期戦を覚悟する。
2.食事で積極的にビタミン類を摂る。
 β‐カロテンにはコラーゲンの生成やターンオーバーを促すビタミンAが豊富なので、積極的に緑黄色野菜を食べることで、コラーゲンの生成や角質層の生まれ変わりを促す。
3.美白化粧品でターンオーバーを促す。
 美白化粧品とされるものには、美白に効果があると厚生労働省が認めた成分が配合されている。
 また、保湿をしっかりすることで、肌の乾燥を防ぎ角質が正常に剥がれ落ちるためシミが薄くなるなどが期待できる。

日焼けした肌のアフターケア。正しいケアで美白を目指そう!おすすめの日焼けケア

体の中からケアするなら絶対に取り入れたいのがビタミンACE(エース)。ビタミンA・B・Eを合わせたもので、これらはお互いの働きを高め合う関係なので一緒に摂るのが吉。

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあり、ビタミンCはコラーゲンの合成や皮膚の強化をもたせる働きをし、ビタミンEには抗酸化作用があります。お肌にいいのはビタミンCだというのは定番ですが、ビタミンCの働きはビタミンEを一緒に摂ることで相乗効果を得られるので、是非一緒に摂りましょう。

肌に直接アプローチするなら、ビタミンA誘導体(レチノール)配合の化粧品です。ビタミンAの光老化した肌へのアプローチは近年注目を集めていて、皮膚科で処方してもらえる化粧品もあります。ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ役割があり、肌表面にもともと蓄えられていて、紫外線をブロックしてくれます。

レチノールは有効な成分を補強するというよりは、肌が本来持っている保湿力や生成力を引き出してくれます。肌に直接働きかけるため、レチノールを今まで使ってこなかった馴染みのない肌にいきなり使うと、反応を起こして赤みやかゆみが出ることも。最初は低濃度のレチノールを使用するか、皮膚科で処方してもらうのが安心です。

さいごに

普段何気なく過ごしている日中、降り注ぎ続ける紫外線。その紫外線による肌ダメージは、しっかりケアすることも大切ですがやはり普段から予防をすることが一番です。
曇りでもお肌が出ているところは日焼け止めを塗ったり、帽子やアームカバーを使って日ごろから気を付けて過ごすことで、年齢を重ねても若々しいお肌を保つことができます。

光老化に気を付けるためには、紫外線だけでなく「活性酸素」にも気を付けないといけません。ストレスを軽減させたり、バランスよく食事をとること、睡眠をしっかりとること。これらは美容だけでなく健康にも欠かせない要素です。

健康に過ごせばターンオーバーは正常化し、バリア機能もしっかり働くので、ダメージを負った肌でもきちんと生まれ変わってくれるます。
夏の間はイベントも多く、しっかりケアをする時間もとれなかったというあなた。
秋が近づいてきた今、リラックスしながらゆっくりとお肌と向き合ってみるのもいいですね。

-コラム

© 2021 ビュートウェルスタイル Beautwell Style