コラム

男性のヘアスタイルはこんなに変わってきた!(2000年~2010年編)

私たちの髪型は流行に合わせてどんどん変わってきました。今回は日本の男性のヘアスタイルの種類を紹介!2000年から2010年のヘアスタイルにはどのような特徴があるのでしょうか。

2000年代に流行した髪型(メンズ)

外ハネパーマ

ジャニーズ系のアイドルの基本形となっていたスタイルです。長めのサイドと襟足を外に跳ねさせることで少し女性的な雰囲気を醸し出すスタイルです。2000年代前半に流行しそれまで定番だったサラサラストレートから若者の定番のスタイルになっていきました。

ソフトモヒカン

通称「ベッカムヘア、ベッカムカット」、当時はその名前でメディアに流行が取り上げられていたヘアスタイルです。2002年に日韓共催で行われたFIFAワールドカップが影響しており、当時絶大なる人気を誇っていたイングランド代表デビッド・ベッカムの髪型です。当時はこの髪型をしていたことで日本国内におけるサッカーフィーバーやベッカムフィーバーとあいまって、この髪型が爆発的な人気となった。当初はそのまま「ベッカムヘア」とも呼ばれた。

ウルフカット

髪のトップ部分をたてがみのように立たせ、襟足を長く伸ばしたスタイルです。2003年にK-1でチャンピオンになった魔裟斗選手の影響もあり流行しました。上記のベッカムヘアの派生型にも思え、スポーティな爽やかさに少し色気ややんちゃさをプラスしたようなヘアスタイルになっています。襟足は少し短くしたタイプは現在でも流行しています。

ミディアムパーマ

2000年代後半は黒髪でミディアムくらいの長さにパーマをあて動きを出す髪型が流行しました。大人の色気を感じるヘアスタイルです。全体的に丸みを帯びるためフォルムが可愛らしく、またパーマの拘りからお洒落感も兼ねそろえており女性からの人気が高かったスタイルの1つです。

バリアート

音楽グループEXILEのATSUSHIの影響が強かったとされているヘアスタイルがバリアートです。坊主をお洒落にデザインされたヘアスタイルとなっており、トップやサイドにバリアートと呼ばれる刈り込みを入れ、様々な模様を入れる髪型が流行しました。その後もバリアートは2ブロックとの組み合わせで残り続けており、坊主以外でもサイドだけ短くしバリアートを入れるスタイルが流行している。

2010年代のヘアスタイルの特徴

髪の毛をアイロンやパーマで外側にはねさせるヘアスタイルは男性、女性問わず流行しました。メンズのヘアスタイルに関しては2極化が進み、ジャニーズ&ホスト系の長めのスタイルとスポーティな短めのスタイルに別れていたようです。

関連記事:男性のヘアスタイルはこんなに変わってきた!(2010年~2020年編)

-コラム

© 2021 ビュートウェルスタイル Beautwell Style