コラム

男性のヘアスタイルはこんなに変わってきた!(2010年~2020年編)

私たちの髪型は流行に合わせてどんどん変わってきました。今回は日本の男性のヘアスタイルの種類を紹介!2010年から2020年のヘアスタイルにはどのような特徴があるのでしょうか。

2010年代に流行した髪型(メンズ)

マッシュ


マッシュは女性だけでなく男性にも人気のヘアスタイルに。カットが重要なサラサラがオシャレにきまるシンプルな髪型。前髪を目元まで下ろし、えりあしを短くカットした首元をスッキリさせた髪型(ネープレス)と組み合わせることが多いです。ナチュラルでソフトな印象になり、すっきりとした爽やかさも感じられる髪型です。

七三


「七三分け」といえば、7対3の割合で髪に分け目をつけるヘアスタイル。年配の方に人気のヘアスタイルのイメージでしたが、2010年頃から若い男性を中心にお洒落な七三が流行りました。 ツーブロックやウルフカットと組み合わせることが多いスタイルです。

ツーブロック


ビジネスではもちろん誰からにも好感度の高い爽やかなヘアスタイル。頭の形が綺麗に見えるなっており、パーマやスタイリングを組み合わせることで骨格補正効果もあります。黒髪との相性良く、学生はもちろん、社会人の方にも人気のヘアスタイルです。

アシメ


アシメとは「アシンメトリー」の略で、左右非対称という意味です。フリーズ系のワックスやジェルでのセットと相性が良く、自然な艶と毛流れが印象的です。爽やかなツーブロックにさらに遊びを入れたスタイルが人気になりました。

2010年代のヘアスタイルの特徴

近年のメンズヘアスタイルの流行といえるのはやっぱりマッシュヘア!根強い人気を誇っていて、マッシュの中にもお洒落なアレンジを加えて個性を出す傾向に。草食系の優しい雰囲気の男性に女性ウケが集まった傾向から、髪型もふんわりと優しげな雰囲気を作り出すゆるふわマッシュが人気になりました。その甘い見た目とクリーンな印象は、男女共に好感度が高いです。また、ファストファッションを中心としたシンプルな服装やオーバーサイズのシャツ、パーカーが流行っていることも要因の1つ、それなの着こなしにマッチしてくれることからも欠かせないスタイルになっています。

一方、少しイケイケな雰囲気を出したいメンズ向けにもツーブロックが流行、昔からのヘアスタイル七三と組み合わさることで程よい爽やかさを醸し出します。より個性を出したいメンズはアシメ寄りにする傾向にあり、多様性が全面的に押し出された2010年代らしいライフスタイルや性格に合わせたヘアスタイルが流行しました。

関連記事:男性のヘアスタイルはこんなに変わってきた!(2000年~2010年編)

-コラム

© 2021 ビュートウェルスタイル Beautwell Style