コラム

サプリメントって、病院でもらった薬と併用しても大丈夫?

最近、体に足りない栄養をサプリメントで補完する方は増えていますよね。サプリメントが流行ると、危惧されるのは薬との併用です。薬と薬の飲み合わせについては、お医者さんが服用するときの注意点として詳しく教えてくれますが、サプリメントと薬の飲み合わせについて知る機会は少ないでしょう。

今回は、サプリメントとの飲み合わせに注意したい薬の成分について解説をしていきます。是非、参考にしてみてください。

サプリメントと薬はどう違うのか?

そもそもサプリメントと薬は何が違うのでしょうか?サプリメントと薬は錠剤の形も近く、服用の方法やタイミングも似ているの、同じようものと考える人もいるかもしれません。
ところがサプリメントは栄養補助食品なので、薬とは全く別物だと考えた方が良いのです。具体的には2つの点で大きく異なります。

違い1:薬は限られた場所でしか買えない

一般的に薬は資格を持っている薬剤師が販売するか、お医者さんからの処方箋がないと購入することはできません。一方、サプリメントはドラッグストアで購入できるのは勿論のこと、コンビニエンスストアや通販でも簡単に手に入れることができます。

違い2:サプリメントは栄養を補うもの

サプリメントはビタミンなどの足りない成分を補うためのものです。サプリメントは病気を改善させるものではありません。体の栄養バランスを整えて、病気から体を守る目的で摂られることが多いです。体に足りない栄養素を取り入れることで、免疫力を向上させます。サプリメントはあくまで栄養補助食品なので、パッケージに効果などは記載されていないはずです。

薬は病気などにかかった際に服用したり、患部に塗布したりして使用します。これによって身体の不調を改善させる効果が期待でき、即効性があります。また、薬にはどのような効果があるかを記載することが可能です。

併用してよいかどうか

結論として、サプリメントと薬を併用し良いかどうかは、その組み合わせによるとしかいえません。ここではサプリメントと薬の飲み合わせが悪かった場合に起こるトラブルと、特に気を付けるべきとされている組み合わせについて解説をしていきます。

飲み合わせが悪いと何が起こるか

薬はちょっと飲み合わせが悪いだけで、効果が薄くなったり、逆に効果が強くなりすぎたり、さまざまなトラブルが発生します。

薬とサプリメントで同じ成分が含まれていた場合も良くないとされています。薬の効果が強くなりすぎることで、副作用が強く現れることもあるようです。効果が高くなったからといって、病気が早く治るとは限らないのです。結果としてさらに辛い症状が現れることもあります。良い効果がなくなるだけではなく、効きすぎによる身体の負担も考えられます。

気を付けるべき飲み合わせ

サプリメントを多く摂取し、さらに薬を飲むことで、上記で挙げたようなトラブルが起こる可能性が高まります。サプリメントの中には「安全」や「ナチュラル食品」として販売されているものもあり、無意識に安全であると考えている方も多いです。

サプリメントを服用し、さらに薬をドラッグストアや病院でもらう際は、どのようなサプリメントを服用しているのかを報告することが大切です。

セサミン+血圧を下げる薬

ゴマなどに含まれているセサミンという成分は、アンチエイジングに貢献するとされている。アンチエイジングは美容意識が高い人にとっては、引っ張りだこのキーワードなので、サプリメントにも含まれている可能性の高い成分です。ただ、セサミンにはアンチエイジングの側面だけでなく、血圧を低下させる側面があるといわれています。

よって、セサミンが含まれたサプリメントと、降圧薬などの血圧を意図的に下げる薬を併用してしまうと、血圧を下げすぎてしまう可能性があるので注意が必要でしょう。

DHA+糖尿病の治療薬

DHAはドコサヘキサエン酸の略称であり、主に中性脂肪や動脈硬化の対策として注目されている成分です。DHAは、主に魚に含まれている成分なので、魚不足を補うためにサプリメントとして服用されることが多いでしょう。

ただDHAには、血糖値を上昇させる作用もあるとされているので、糖尿病の治療薬を服用している人にとっては少し心配な点になるでしょう。

DHAが含まれるサプリメントと糖尿病の治療薬を併用すると、糖尿病の治療の効率が悪くなってしまう懸念もされています。もし何かの事情でDHAを補強する必要がある場合は、糖尿病の治療を担当してくれているお医者さんに相談するようにしましょう。

まとめ

薬は病気などの症状を改善する目的で使用されますが、サプリメントは健康補助食品のひとつなので、治療ではなく予防といえるでしょう。

サプリメントは体に必要な成分を凝縮したものなので、薬と組み合わせるときは、中身の成分を少し意識がする必要があります。サプリメントに含まれるミネラルやビタミンなどの栄養素が、薬の作用に影響を与える可能性はあります。お医者さんから処方されているお薬を飲んでいる間は、投薬による治療中という事になります。治療期間中にサプリメントを摂る場合、自分ひとりだけで判断するのではなく、ご担当のお医者さんに指示を仰ぐとよいでしょう。

-コラム

© 2022 ビュートウェルスタイル Beautwell Style