Beautwell Stylist

美容師とライバーの二刀流!【フリーランス美容師兼ハグレプランニング代表 後藤さん】

今回はフリーランス美容師として活躍しながら、ライバーとしての活動もされている後藤さんにお話を伺いました。「美容師とライバーの相性はめちゃくちゃいい」と話す後藤さん。それはどういうことなのでしょうか。

後藤さんは自身がライブ配信者(ライバー)でありながらも、ライバーマネジメント会社『ハグレプランニング』の代表でもあります。ここで素朴な質問なのですが、今はスマホひとつあればライブ配信できる時代です。ライバーさんが事務所に所属する理由とは何でしょうか。

例えば、ウチの事務所に所属している美容師ライバーさんがライブ配信会社のイベントに参加すると、自分のお店を出すこともできますし、ヘアメイクに携わることもできます。それは事務所に所属する大きなメリットです。あとはライブ配信(機材、配信のやり方)のサポートを受けられるのもメリットだと思います。

そういったメリットがあるから皆さん事務所に所属されるのですね。それにしても美容師ライバー専門の事務所って珍しいですよね。

美容師に特化している事務所は他には無いかと思います。僕が『ハグレプランニング』を作ったことで、美容師ライバー集団の認知度が上がったのを感じています。業界内では「ハグレプランニングに頼めば美容師さんを集められる」というぐらいのポジションを確立しつつあります。

美容師さんとライブ配信は相性が良いのでしょうか。

一般的なライブ配信は、お小遣い稼ぎみたいな感じだと思いますが、ウチの所属ライバーにとってのライブ配信は、美容師さんのもうひとつの報酬の軸になっています。ライブ配信で自分のヘアメイク用品や美容の商品を紹介するなどしています。

美容師ライバーさんは投げ銭だけではなく、自分で商品を売って収入を得られるんですね。

はい。美容師さんにとってライブ配信は相性いいんです。美容師はお客さんと喋る仕事じゃないですか、それが画面越しになっただけで。

かなり相性が良いように思えますが、逆に美容師さんの中でライバーに向いていない人はいるのでしょうか。

美容師という職業では珍しいとは思いますが、喋られない人ですね。あとはマメでない人は向いていません。頻度高く配信しないといけませんから。

ちなみに使用されている動画配信のプラットフォームは、TikTockやインスタグラムでしょうか。

ウチはエブリィライブというのを使っています。

エブリィライブというプラットフォームを選ばれた理由は何でしょうか?

僕のお客さん(施術に来られていた)が作ったプラットフォームなんですよ(笑)。だから選びました。

先日、ライバーが集まるオフランイベントがありまして、僕がタイトルコールをやらせてもらったんですね。

え!かなり重要な役割ですね。

この権利は「エブリィライブの配信で視聴者から受けとったギフト量を競い合ったイベント」で1位になり勝ち取りました。一定の期間内でギフトを投げてもらった人が、タイトルコールができるというものでした。
具体的には27万4000ダイヤを得ました。報酬面のお話ではエブリィライブは還元率がいいです。他のプラットフォームに比べて、ライブ配信の時間の縛りなども少ないのもいいところですね。

他のプラットフォームはマネタイズできるようになるまで「配信時間を○○時間以上維持する」等の制約がありますよね。それがエブリィライブには少ないんですね。

そうですね。毎日時給が変動してしまうプラットフォームもありますが、それに比べてエブリィライブは安定していますし、配信の回数や時間帯も融通が利きます。

そう考えるとエブリィライブは忙しい美容師さん向けのプラットフォームでもありますよね。

おっしゃる通りです。フリーランスの美容師さんであれば、お客さんが空いている時間を利用して1時間程度、配信すればいいと思います。

個人的には空き時間にネットで情報収集するよりもアウトプットをおすすめしますね。短時間で瞬時に情報をアウトプットできるのがライブ配信の良い点です。どの場所でも配信できるのがいいところですね。1日に30分ぐらいなら、どんなに業務が忙しくてもできるものです。僕は多い時は15日間で54時間配信しました。

54時間ですか!1日3時間以上配信することになりますね。美容師さんって忙しいイメージがあって、なかなか時間が取れないと思っていたのですが。

忙しかったとしても1日に1時間程度は取れるものです。30分配信した後、少し業務をしてまた30分配信という感じで区切ればできます。どんなに忙しくても、数分ぐらい「ぼーっとしている時間」とかあるじゃないですか(笑)。

時間の使い方次第なんですね。ちなみに後藤さんが配信をするようになったキッカケは何でしょうか?

お客さんから配信してくださいとリクエストされたのがきっかけです。でも、めんどくさいからやらなかったんです。それでも配信の裏方として、お店の商品やサンプルを出したりしていました。そのうち誘いを断れなくなって、とりあえず3カ月やることにしたんです。

3カ月やってみたら、僕の知名度が上がってきて、信用されるようになりました。アイコンを変えるとか、試行錯誤をいろいろやった結果ですね。

昔からクリエイティブな仕事に興味があったのでしょうか。

中学生の時、好きだったバラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』のディレクターになりたくてフジテレビ入社を考えていました。それと美容師の二軸で将来の仕事を夢描いていました。結果的には高1の夏休みには美容師の道を選択しました。

企画するのが好きでしたね。以前所属していた美容室では「ママサロン」という企画しました。2カ月に1回、月曜の定休日にお店を開放して、ママさんだけがお客さんとして集まれるサロンをやっていたんです。

後藤さん自身が企画を作るのが好きなプロデューサー気質なんですね。

そうですね。きっと好きなんですよね。だから今はライブ配信事務所を作って、プロデュースする側に回っているのだと思います。美容師とライバーをつなぐ人間になれたらと思っています。

今後の展望を教えてください。

もし全国の美容師さんをウチの事務所に入ってくれたら、ライブ配信系のイベント仕事をもっと回すができます。それをもっと進めていきたいです。あとは美容室同士のマッチングやリクルートもやっていきたいですね。

美容師同士のつながりもできますね。

はい。普通の美容師さんの感覚だと、横のつながりができるとお客さんを取られてしまうと思うんじゃないですかね。でも、もっとみんなでお客さんをシェアすればいいと思っています。

僕は今、出張で新潟・名古屋・大阪に行ってサロンワークをしているんですけど、大阪と名古屋に関しての宣伝はライブ配信を使っています。

大阪は先輩のサロンを借りて、名古屋は友人のサロンを借りています。3カ月に1回、2~3日のペースです。ライバーやリスナーさんがお店に来てくれるので、売り上げは3日で20万円ぐらいですね。

後藤さんのブログにあったお言葉通り、「集める」ではなく「集まる」を体現されているのが凄いですね。

これからの時代は、無理やり集めるのではなく自然とお客さんが集まる状態を作るのが当たり前になると思います。「集客」という言葉は死語になると思います。

確かにそうですね。現状では、みんながお金使って広告打って、競い合って集客していますが。その価値が相対的に下がっていくと。。。

自分がいる場所に、自動的にみんなが集まってくるという状況を作り上げることですね。私自身もその考えて1年間取り組んでいて、現状集まってきてくれますし、既に新しい形はできてきています。

後藤様のお話しを聞いていると、逆にライブ配信をやらない美容師さんが損をしているように感じてきました。何故皆さんライブ配信をされないんでしょうか。

「ライブ配信が何なのかわからない」からやらないんだと思います。まずはそこの障壁を取っ払うために、美容業界とライブ配信のマッチングができたらと思って活動しています。

最近はフリーランスの美容師さんが増えているので、対面の接客だけでなく、ライブ配信などの収入の軸をいくつも持っておかないとリスクだと思います。

コロナ騒動でお店が開けられないとき、収入の軸をいくつも持っておく大切さを実感したと思うのですが。

はい。今の時代、美容師がライブ配信をやらない理由は無いと思います。ライブ配信という武器があれば、お店が閉まっていてもお客さんを繋ぎ止めることができます。D2Cで商材も売ることができます。実際、コロナ禍でもライブ配信で収益を上げたところはありましたから。ライブ配信について「よくわからないから」という理由で避けるのはもったいないですね。

YouTubeが出た頃と同じような、新しいものに対してアレルギー反応を起こしている状況なのかもしれませんね。本日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました!

■HuG’Re planning(ハグレプランニング)
会社名:HuG’Re planning合同会社(ハグレプランニング)
代表者:後藤祐輔
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山4-14-7
事業内容:ライブ配信者の育成・マネジメント、プロデュース・イベント企画運営。ライブ配信者のための イベント事業、グッズ事業、ライブ配信に特化したPRコンサルティング事業、ライブ配信者発 掘・育成事業、プラットフォームコンサルティング事業、キャスティング事業、ヘアメイク業務
設立:2021/07/21
公式サイト:https://www.hugreplanning.com/
ブログ:http://jeanaharbor.com/goto/

-Beautwell Stylist

© 2022 ビュートウェルスタイル Beautwell Style