Beautwell Stylist

個性派コンビのダブル店長!二人で一緒に作っていく美容室【クレアシオン(川越)】

今回は、川越の美容室クレアシオンでダブル店長を務める星さまと江田さまにインタビューしました!異色コンビの個性的な2人に自分達オリジナルの美容室作りについて聞いていきます。

――開放感のある可愛らしい店内ですね。白くてカラフルで可愛らしいです。

星さん:ありがとうございます。全てこちらの江田さんがやってくれています。窓が大きいから開放感があるんでしょうね。この場所に移転してから、今年12月でまる3年です。お店の内装については江田さんがほぼ変えています。

ちょっと可愛らしい雰囲気にしてくれています。2人で店長みたいな感じです。2名のパートさんに手伝って頂いているのですが、ほぼ2人でやっていますね。

――ダブル店長の体制なんですね。なかなか珍しいです形式ですね。

江田さん:そうですね(笑)

星さん:最近はお店の公式インスタもはじめたので、そちらも江田さんにやってもらっています。

――インスタもされているんですね。

星さん:始めたばかりなのでこれからどうかわっていくか楽しみであります。写真も綺麗ですし。

江田さん:そうですね。写真もそうですし、自分がインスタをやってどこに注目するかを自分なりに考えてやっていますね。

――自分がお客さんの立場になって考えているんですね。

江田さん:オーナーが自由にさせてくれるのもあるので、自分たちのやりたいようにできているのがラッキーなのかもしれません。

――ありがとうございます。ところでお二人のご年齢を伺ってもよろしいでしょうか。

星さん:私は65歳です。

江田さん:31歳です。

――世代の違いや感覚の違いが美容室を運営するうえで、うまくかみ合っているということなんでしょうか?

星さん:(日常では)世代の違いは一切感じないですね。あまり普段そういうのは考えたことないかなー。

――お二人で担当を分担されたりされるのでしょうか?

江田さん:新規のお客様は基本的に星さんが最初についていますよね。

星さん:ほぼ2人でやっているので、少しでも多くのお客さんにサービスできるよう、効率的に仕事が回ることを考えています。お互いがフォローし合うことを考えています。このやり方を話し合って、移転から1年ほどでこの形になりました。大変ではありますが、最近は1人や2人でされている美容室さんも多いので私たちも負けてられないと思います。

今は新しいクレアシオンの基礎を作っている段階だと思っています。コロナ関係のことは関係なく、お店の運営についてはずっと2人で話合ってきましたね。良いお店にしようと考えています。

――お二人にとって、良いお店とは具体的にどんなお店なのでしょうか?

星さん:何が良いお店なのかはお客様それぞれだと思うのですが、「あのお店良かったよ」とお客様に紹介してもらえるお店にしたいと思っています。

お客さんに紹介してもらえるということは嫌なイメージがないということ、何かしらに良いと思ってもらえているということなので、そういったことを増やしていきたいと思っています。

江田さんが始めたインスタでの集客で違った層のお客様が来てくれると刺激になります。SNSなどのいろんなことを江田さんがやってくれますし、私もわからないことが合ったら聞きますね。

――江田さんは星さんにどのようなことを聞かれましたか?

江田さん:写真を合わせるやり方とか(笑)

星さん:他愛もないことですね(笑)

江田さん:あとは「これ(WEB関連)はどういう仕組みなのか?」ということとか、私も詳しくないのですが調べながら解決したりしていますね。

星さん:あとはいま流行っていることについても教えてもらっています。私もアンテナを張っているつもりではありますが、どうしても流行のことについては情報が漏れてしまいますので、いろいろ聞いていますね。

――逆に、江田さんの方から星さんの方に聞くことはありますか。美容師のキャリアとしては星さんが先輩にあたるかと思います。

江田さん:いつものカットの評価をしてもらっていますね。「ここが良くなったね」とか、「ここをこうしたら良くなるよ」とか、すごいアドバイスをくれます。

――技術的なアドバイスをもらっているのんですね。ところで、なんか星さん照れくさそうですね(笑)

星さん:(笑)。技術に関しては私も聞きますしお互いに高め合ってますね。

――3年前に移転されて現在のお店とのことですが、それまでも一緒にされていたのでしょうか?

星さん:いいえ。同じ系列のお店だったのですが、お互いのお店にヘルプに行ったり来てもらったりという感じでした。一緒に仕事をする頻度は週に1日とか2日とかでした。僕のお店は東京の霞が関にありました。

僕はこっち(川越)に来て3年なのですが、お店について下さっている方が多いですね。クレアシオンという名前で来つつも、ありがたいことスタッフに指名してくれることもありますね。

――クレアシオンのサービスは、とにかくお客さんのニーズに合わせてくれるイメージがありますが、強いて挙げるとどんなお客さんがクレアシオンのサービスに合いますか?

星さん:カウンセリングどういうスタイルや色にするかは気をつかってるかなあ。若い方はスマホで写真を出すことが多いですが、そんな感じで
ある程度は任せてくださるお客さんだと良いかもしれませんね。

――確かにお客さんもカラーやヘアスタイルのプロではないので、自分ではよくわからないですよね。

星さん:そうですね。どうやって色を入れているか分からないお客さんにも「これは1回ブリーチして、さらに色をつけてるんだよ」と説明すると「え?(髪が痛む)ブリーチは嫌だから…じゃあどうしたら良いだろう?」とお客さんが悩むので、そこから少しでも写真のスタイルに近づけるように考えていきます。

――なるほど。髪へのダメージも考えたら、少し相談した方が良いこともあるのですね。

星さん:それがお客さんにとってはすごくうれしいことだと思うんです。自分の知らなかったことを知れたり。とくに江田さんはすごくて、ヘアスタイルに関する難しいことをお客さんに分かりやすく説明しているんですよ。専門用語ばかりではお客さんに伝わらないので、かみ砕いた言い方を工夫しているので私自身も横で聞きながら勉強になっています。

――それはお客さんにとっても嬉しいですね。江田さんは普段お客さんにどう説明しているのですか?

江田さん:モノに例えたりしていますね。もし縮毛矯正だったら、パスタの麺に例えて、お湯でふにゃふにゃになった状態が、髪が薬で反応して柔らかくなった状態で、そこから縮毛矯正で引き延ばしているとか。

――なるほど(笑)。おもしろいですね。お二人の個性がうまくかみ合っていて素敵です。

星さん:移転当初は2人メインでやるとは思っていなかったんです。今はとにかく早く“2人で作り上げたお店”にしていきたいと思っています。

江田さん:もう1つ向こうの通りがメイン通りなので、ここは場所が少しわかりづらいかもしれませんが、あと2階なので(笑)でも多くの方に来て欲しいなと思っています!

――本日はありがとうござました。ご年齢も性別も異なるお二人がメインでスタイリストをされていると、いろんなお客さんが安心して来れますね。

【店舗情報】

◆クレアシオン
電話番号:049-222-1605
住所:埼玉県川越市通町24番地23 協和第5ビル
営業時間 : 平日9:00~カット最終受付17:00 土・日9:00~カット最終受付16:30 
定休日:火曜日

-Beautwell Stylist

© 2021 ビュートウェルスタイル Beautwell Style