コラム

いまこそ美容業界は変らなければならない!【ウェディングプランナー&エスティシャン 佐々木さん】

今回は、緊急特別インタビュー!ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、ブライダルコーディネイト、様々なビューティ事業を展開している「有限会社ムッシュ ミツオ」代表の佐々木光雄さまとブライダルプランナー&エスティシャンの佐々木芳さまにお話を伺いました。

これからの美容業界はどう進化していくべきなのか?また今後、このメディア(ビュートウェルスタイル)が「美と健康」のメディアとして、どのような発信をしていくべきなのか模索すべく、お二人にお知恵を頂きました。

▼経営されているヘアサロン「キュアサロンムッシュ」様のインタビューはこちらです!
”髪を切る”とは“いつもの自分に戻る“こと【キュアサロンムッシュ(夢屋敷)】

――本日はお時間を頂きましてありがとうございます。これからの美容業界についてお話をお伺いしたく。また、弊メディアの方針も含めて今回は勉強をさせて下さい。

よろしくお願いします!美容師はヘアにまつわるカットやパーマやカラーやメイクアップは出来て当たり前だと思うんです。それよりも心のケアや健康に対する意識が大事。綺麗になるって健康じゃないとできない。ちゃんとお客様に、健康面やメンタル面のアドバイスできる美容師さんが増えないといけないと思いますね。

――佐々木さんが、そう考えるようになったのは、何かキッカケがあったのでしょうか?

いいえ、私自身もずっと以前から「美容業界はこのままではいけない」と思っていました。私は美容業界以外の他の中小企業の社長さん方と勉強会をさせて頂くことがありまして。

その社長さん方のお話を聞いていて「これからはスタイリストが心の健康についてもご提案していかないといけないな」と感じるようになりました。私はヘアサロン以外にもブライダル分野やエステティックもやっているのですが、2時間近くお客さんと関わっているといろんな悩みの話をされます。その原因の7割は心の中にあるんですね。

だからその心の中に対して何かをやっていかないといけない気持ちがありました。そんな中、私たちにできることは何かと思った時に「お客さんに(その場で)楽しんでもらえることも、私たちが提供するべき価値だ」と考えるようになったんです。

そこでオーガニックレストランのお友達に頼んで、イベントを開催したんです。オーガニックの食事とともにジャズの演奏を楽しんでもらうイベントで、ヘアサロンにいらっしゃったお客様にお声掛けさせて頂き、レストランにご来店頂きました。これまで年に1回ぐらいの頻度で実施してきました。これまでもずっとこういうことをやってきたんです。

そうやって、お客様に「良かった」って言って頂くことは、やがてはうちのビジネスにも繋がりますし、コロナ以前以後に関係なく、心のケアについては必要だと感じていました。

医療関係の方から伺った話だと「医者は患者さんを切ったり縫ったりはできるんだけど、そのあとの心のケアはできない。それをやってくれるところはエステティックとかの美容領域だから、あなたみたいなところを探していたんだよ!」っていう話になるんです。その話を聞いたときに、私たちの出番だと思ったし、美容業界もそろそろ医療分野まで勉強していかないといけないと感じていました。

――確かに若い世代の間では美容整形も流行っており、美容と医療の境目が無くなってきているのも感じます。メンタルケアの受け皿にも美容業界がなっていく必要があるんですね。

はい。そうじゃないと美容業界が生き残っていけないと思います。

――”美容業界の中で生き残っていけない”のではなく、美容業界そのものが生き残れない危惧を感じてらっしゃるんですね

そう思いますね。病院側も様々な問題と直面しているようなので、これからは美容とコラボしていきましょうという話にはなっていますね。

――そのコラボを実現するうえで障害や課題はなんでしょうか?

私たち自身(美容業界側)が意識を変えないといけないし、もっというと美容学校などの教育が変わらないといけない。美容学校でも、多少は医療の勉強をさせるとか。私たちのなかでも医療の勉強している方は一歩も二歩も先に進んでいます。一方、従来通りのお洒落なスタイルだけを追求していってるお店は行き詰っている気がするし、障害は特になく、当事者たちの意識だと思いますね。

――このメディアも美容と健康がテーマなのですが、確かに扱うジャンルが多岐に渡るので多くの知識や多くの方のご協力が必要なんだなと感じました。見た目の美容だけでなく、食べ物などの内面の美についても発信していく必要があると感じました。

そうですね。先ほどお話にでました、オーガニックのレストランをやっている私のお友達も、広告代理店で働いていたときにご自身が倒れられて、倒れた原因を振り返ったときに、自分にとって何が大事だったかというと「食だった」というお話をされてるんですね。

美や健康について関心を持ってる方はたくさんいて、そういう方は美容に関しても本物のエステを探しておられる。その場合、私からもいろんなお店を紹介させて頂いているので、こういう輪がもっと広がっていくといいと思います。

私がこのカフェを作ったのも、心のいやしになれば良いなと思って。お客さんがゆっくりできればよいし、美味しいお茶を飲んでホッとして帰ってもらえれば良い。そこはビジネスとしてかんがえてません。

※キュアサロンムッシュの2Fはカフェになっている(現在はコロナの影響で休業中)

「美容師は外側ばかりを気にする仕事」だと思って美容業界に入ってくる方は多いのですが、内面の美のことも考えはじめると、途端に扱う範疇が広くなるんです。例えば、心のケアのためにお茶屋さんをやろうとおもったら、お茶やお菓子の勉強もしないとなりません。

――ありがとうございます。そういった点だと、キュアムッシュサロンのホームページを拝見すると、髪本来の艶や美しさをアピールされているイメージでした。これが本来の美しさなんだなと再確認しました。ヘアサロンのウェブサイトは、ヘアスタイルとかカラーを全面的に押し出しそうなものですが、佐々木さんのサロンではそういったお考えも徹底されていて素敵ですね。

そうなんですよね。あとは心の癒しですよね、心の豊かさは綺麗になる元の部分なので。例えばアロマテラピーの香りで癒しとなることも大切です。さらに元を辿ると”食”にも繋がる。最近はリモートワークが増えた影響で鬱になる方もいて、来店されるお客さんの中には「2月からずっと部屋に籠って仕事をしているからストレスが溜まってるんです」とお話される方も増えています。エステ中にもずっとそういったことをお話されていて、スッキリされていかれますね。

あとは夫婦のご家庭とかはお二人とも在宅でずっと一緒に室内にいるので、「それによって起こる夫婦間のいざこざやストレスについて、佐々木さんはどう思う?」って、中小企業の社長さん達からも相談を受けます。

そこで「奥様にエステのチケットとかプレゼントされてはいかがですか?」と提案しつつ、エステのことについて説明すると「エステってそういうこともやってもらえるんだ!代わりに僕がいきたいよ!」と言って頂いたりもするので、エステのことを知って頂く機会にもなっていますね。

エステって、必ずしもファンシーなものではなくて、もっと内面的なものがあると伝わって欲しいですね。私はずっとエステをやっていて、エステって痩せるってイメージがあるみたいで、そこで身体に良いモノとして、

いまのニーズはカット、パーマはできて当たり前、ましてやパーマの需要に関しては減ってるんですよね、だからパーマで利益を上げるのは難しい。今までのやりかたでは生き残れない美容室も出てきていると感じます。

――流行りに左右されてしまうのは、生き残るという点では不安要素ですね。

はい。”普遍的”がうちのポリシーでして、”健康”って流行り廃りがないので普遍的なものなんです。老舗の美容室でもそういった考え方は重要になってくると思いますね。

――その辺りをもっと教えて下さい。美容師にできる普遍的なこととはどういうことでしょうか。例えばキュアサロンムッシュでは、具体的にどのようなサービスが受けられるのでしょうか。

主にコミュニケーションの部分ですね。例えばハンドマッサージ中にお話を伺ったりしますし、あとはお客様が望むのであれば、3分間のフェイシャルマッサージをさせて頂いています。お茶もお出ししていて、癒しという点では力を入れています。

あとはそういったコミュニケーションを通して様々な情報交換があります。料理のちょっとしたテクニックだとか、オリーブオイルの美味しい使い方とか。前述したとおり、そういった勉強会もやっていまして、以前開催した和菓子教室の時は、コロナ禍でも「換気良くしてやりましょう」という要望が強くて、みなさん勉強会にいらっしゃるんですよ。

やっぱり求められてるんだなと改めて感じました。お客様と会話をもってそういうことを聞いてあげて、気分転換してもらう。あとは服装にあったメイクもしていますね。

――お客さんとしてとても嬉しいことですよね。ひとつのヘアサロンからたくさんの美に関する情報が得られて、選択肢を貰えるって嬉しいことです。

はい。勉強会やイベントについてはいろんなことをやっていて、以前も”女性の身体と更年期”というテーマで、知り合いの先生に来ていただいて「私たちの身体には、更年期にこういうことが起こります、こういう風にしていくと大丈夫ですよ!」という流れで、食に重要性について学んだり。

あとはこういう女性の悩みって病気というわけではないので、病院では聞けないんです。でもそれじゃあ、彼女たちが相談する場所がないので「じゃあ私たちのような美容業界のコミュニティが、そういう場所にならないといけないんだ!」って思ったんです。

――本日はありがとうございました!今回のお話をしっかりと受け止めて、このメディアも少しでもお力になれるよう発信を尽力していきます。

【店舗情報】

◆キュアサロンムッシュ
電話番号:03-6696-5694 
住所:東京都大田区蒲田2-7-10
定休日:火曜日
営業時間:10:00~19:00
https://hair-salon-70207.business.site/

-コラム

© 2021 ビュートウェルスタイル Beautwell Style