Beautwell Stylist

アロマを気軽に楽しんで欲しいRIOCAROMA!【グランルミネ―ル(三軒茶屋)】

今回は、三軒茶屋の「グランルミネ―ル」内でご自身のブランド「RIOCAROMA」の活動をされている、アロマコーディネーター&セラピスト&美容師であるカオリさんにインタビューしました!

――カオリさんは個人での発信(SNSやブログ)は積極的にされている印象なのですが、美容室総合サイト等の大きなサイトでご自身のお店や活動を載せないのは何故でしょうか?

アロマテラピーに関わり出したのが1つのきっかけでして、「美しさ=ヘアスタイル」だけではないと考えるようになったというのがありますね。

――カオリさんのプロフィールを拝見しても、様々な肩書(アロマコーディネーター&セラピスト&美容師)でやっておられるので、ヘアサロンだけでなくもっと総合的なビューティに関わっているのだと思いました。

そうそう!どちらかというとそうでして。美容師の活動だけですと、もう少し広い目で見た時の “気持ち”の部分をフォローアップできないんですよね。

――フォローアップできない…とは?

なんというか…それでは関わり方が限られてしまうといいますか。

――ご自身のブランディングもあってのこと…ということでしょうか。

ブランディグといってしまうと大げさなのですが、何ていうんでしょう(笑)うまく言葉にできないのですが

――でもおっしゃることが分かる気がします。美しさってヘアスタイルだけじゃないわけであって…

うんうん!

――服装だったり、もっというと外見じゃなくて内面も含めてだと思うんです。

うん、うん!そうなんですよね。

――だから“美容師をやっている”ではなく、“美容師もやっている”というスタンスじゃないと、カオリさんの考える美容からは離れてしまうのじゃないかと思いました。

そうなんです。美容室でお客様に携われる時間って数時間ですよね。でも、お客様はお店の中にいる時よりもお店の外にいる時間の方が長いわけであって。だから、お店以外の場所でも“影響できる”ことが大事だと考えるようになったんですよね。

――昔はそういったお考えではなかったのでしょうか?

そうですね。美容師免許を取得してから、まずはエステから美容業界に入ってきたんです。だから、お客様の肌に直接触れる仕事が多かったんです。でも、ヘアのお仕事って、ヘアカラーとか洗髪のタイミングだったり、お客様から一時的に離れる時間があるんです。でもエステって、お客様と1時間ずっと一緒にいるので、そこで明らかな違いがあるって分かってしまったんです。

――確かに、美容師さんはお客さんの髪に触れることは多くても、肌に触れる機会は多くはありません。

はい。するとお客様との距離感が変わってしまいます。美容師だけをされている方には失礼な言い方になってしまうのですが、(エステの方が)近くて濃いんです。当時、違いに気づいてしまった時に、良い悪いではなくて、ヘアだけを関わってもフォローできない部分があると、20代前半で感じたんです。その時は形にすることはできませんでしたが。

――その時は“もどかしさ“を感じつつもその理由は分からなかったんですね。

そうそうそう。お客様と触れてる時間とか温度とか、そういうものなのかなと。

――美容師さんもお客様との距離が離れてしまうことを気にされている方はいますね。

出来ることの1つとして、アロマのことを深く知りたいと思い勉強したんです。スキンケアなどの体の外側にも使えるのがもちろんのこと、体内や心にもアプローチできるのがアロマテラピーのメリットなんです。アロマって気軽にできそうで、敷居が高いイメージもあるので、アロマとヘアを合わせてみたいなということで、今のスタンスになっていますね。

――なるほど!それがカオリさんの施術の特徴(※後述)に繋がってくるんですね。少し気になったのですが、外見の変化って分かりやすいじゃないですか。

うん!うんうん!

――でも、内面の美しさや変化って分かりにくいと思うんです。だからこそやりがいがあることでも思うのですが。むしろ内面の美って可視化されない方が良いのでしょうか?目に見えてしまうと、外見のように比べちゃう気がしました。

本当に大切なのはその人自身が「どうしてそう思うのか?」ってことなんです。それは“可愛くなりたい”ひとつをとっても、承認欲求としてモテるために可愛くなりたいのか、自分の思う可愛いになりたいのか、それぞれで全然違うんですよね。同じ言葉なんですけど。

あと、自分の人生を生きている方って3割から4割って言われているんですね。他人軸で生きている人がほとんどなんです。

――それは他人からの評価でということですか

そうです!「親だから○○」とか、「年齢がいくつだから○○」とか、「アラサーだから○○」とか、こういうスタイルをしたら他人からこう見られるんじゃないかとか。それが判断基準になってるんです。だから、「あなたはどうしたいんですか?」って聞いたとしても、旦那がこういうから、娘がこういうから、っていう自分がこう思うからこうしたいというのが1番にこないのが気になっていたことで。
それって、だんだん自分が何をしたいかって気づかなくなってきているんじゃないかって思うんです。それは私自身も分からない時もありました。

――面白いです!このメディアの仕事もそうなんですが周りの目を気にしないといけないです。でも本来は自分たちのやりたいことをやるべきで、それが結果的に周りに受け入れられたら良いという話だと思うです。今のお話はそうだなと思いました。

そうですね。私たちの場合は、売り上げや客層とのバランスであったり、相場だったり価格設定がそうですね。だから、どうしてブログとかをやっているかというと、口頭では言いにくいことを書いていますし、好みが別れることは、お店名義ではなく自分の名前でやっているんですよね。

――どうすれば自分基準で判断できるようになるでしょうか?

どっちが好き?ってチョイスからで始めることだと思います。提示されたものに対して自分で判断すること。うちのお店でも、シーズナルアロマっていうやつなんですが、「今日の施術のなかで使っていくんです」とご説明して、施術前に香りを嗅いで頂いています。


※グランルミネ―ル内で施術前に提供されているシーズナルアロマ

そこで選んでもらったアロマによって、心の作用を見ますね。アロマってリラックス効果や元気にさせる効果が普通の使われ方だと思うのですが、それを本能で選んだとしたらもしかしたらその人にとって足りない部分とかが含まれているかもしれないんです。

でも、直感的に選べる人ってなかなかいなんです。こちらの説明書きなどで、理屈から入って決める方が多いですね。選択肢を目の前にして自分で決められる人は少ないですね。

――なるほど。普段は会話などを通して理解していく内容を、アロマの選択を通して2段階ぐらい先にいけるということなんですね。

そうですね。人間って、口から出る言葉って上手じゃなかったりするので。でも、このシーズナルアロマは、私はお客様のことを知るためにそういう視点で見ますが、お客様にとっては一種の遊びだと思って貰いたいんです。

――確かに『アロマ診断』みたいにしてしまうと、なんかカウンセリングされているような感じになってしまいますね。

そうなんですよね。そこにハードルが掛かってしまうと、それこそ髪の毛のお話であったり、プライベートなお話もしづらくなってしまうので。いきなり深い話には突っ込まずに、気軽にアロマから入って、そのチョイスからこちらの解釈をフィードバックする方が良いのかなと思いました。

――言葉ではなく、嗅覚や触覚、そちらの方から攻めるのは面白いアプローチですね。

はい、五感ですね。

――iPhoneも採用したガラスの手触り感が良くて、触っていて温かみを感じるのが受け入れられた要因だとも言われてますもんね。そういう話に近いのかなと思いました。

近いですね。どれかを専門的に勉強したというか、アロマとかヨガから入ったのですが、行きついたところは変らなくて。自分に気づくために使うひとが多いですね。アロマも薬では無いんです。筋肉とは血管にもアプローチは可能なのですが、法律上それは言えないので、代替医療というものがあって○○セラピーと呼ばれるものもあるので

クスリの補足的なものとか、予防やアフターとして使えるものだったり、薬を飲む前にこっちを使ってみる使い方もあったりするのでそういう話もしますね。

――こちらのアロマのサービスは受けることが出来るのでしょうか?

基本的に私がさせて頂く際は、施術前に案内しておりますね。気に入って頂いたら購入頂くこともできます。また、アロマトリートメント(ヘッドスパ、フェイスケアetc.)のみも承っております。

――ありがとうございました!美容師側もどうして自分が美容師になったのか問われる時代になったんですね。

仕事をライスワークだと考えているのであれば、世間の流れに乗っていくのはありですよね、でももしライフワークだと思っているのであれば、仕事を通して自己実現することになる。だから流れに乗るだけじゃなくて「自分は美容の中でこうやりたいんだ!」というのを抱いて、その中でお客様と接していくのが大事だと思うんですよね。お客様の気持ちを変えることはできないかもしれませんが、気付いてもらうキッカケづくりといいますか、ここにスイッチがあるというご紹介はできる仕事なので、それをアロマと織り交ぜながらやっていく。最終的に選ぶのはお客様なのでその選択を示すことができるのかなと思っていますね。

【店舗情報】

◆RIOCAROMA(グランルミネール内※カオリさんの出勤時のみ)
電話番号:03-5486-0404
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-22-7-1F
営業時間 : 10:00~19:30 
定休日:不定休
https://riocaroma-88.amebaownd.com/

-Beautwell Stylist

© 2021 ビュートウェルスタイル Beautwell Style